「壺のある静物」(油彩・F6)

肩がこる静物で、正確性を追求しました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top